●新着情報

 ●お知らせ

東京演芸協会の毎月のスケジュールをご覧いただけます。

協会歴史や役員の紹介ページです。

協会所属の会員の紹介ページです。

協会に関連する各種団体の紹介をいたします。

【事務局】

〒111-0021

台東区日本堤2-10-13
 
TEL:03-6240-6553

Mail
engeikyoukai@chic.ocn.ne.jp


 

●当会の「はたのぼる」名誉会長の紹介記事が、

東京新聞に掲載されました♪

 

●10月22日(火)、東洋館で「第4回牧伸二杯」を 開催、王子菜摘子が優勝しました!

10月22日「お客様が選ぶ芸人グランプリ」が東洋館で催されました。足元の悪い中、沢山のお客様にご来場いただき出演の芸人達は大熱演。結果、王子菜摘子が優勝しました。

          

第2位 週刊少年ハート

第3位 びり&ブッチー

第4位 あさひのぼる

第5位 石黒ヨンペイ

 

●夏祭りお笑い大行進!盛況のうちに無事終了いたしましたご来場いただいた皆様に厚く御礼申し上げます

当協会の元顧問、源氏太郎氏が3月26日に逝去されました。氏は「笑いの音楽」と称し、ギター・ハーモニカの演奏と共に「皿回し」も同時に行う芸で活躍されました。

          

          

出身地
東京・赤坂一ツ木生まれ
略歴
東京漫才の始祖、東喜代駒( あずまきよこま)に師事、娘は曲独楽師 三増巳也(みます・みや)
1947年8月
米軍キャンプ~EM・オフィサス・ジョンソンなどに出演。食糧難を芸で切り抜ける
1956年1月
初代・鈴木正夫(相馬民謡)専属司会者として6年間巡業
1964年10月
ニッポン放送・雷門サテライトの専属司会者に
1966年 3月

静岡放送「歌のチャンピオン」熱海後楽園提供、毎週日曜日の生放送番組を1年間担当

1985年
日本ハーモニカ賞受賞 (お笑い界での初の受賞者となる)(全日本ハーモニカ芸術連盟、日本ハーモニカクラブ公認)

 

●2019年5月4日(土)「大演芸まつり」を開催しました!

「5月4日(土)は、国立演芸場で演芸家連合主催「大演芸まつり」の
東京演芸協会の日でした。
大勢のお客様にご来場いただき、盛況のうちに無事終了する事ができました。厚く御礼申し上げます。

 

●4月29日(月)、東洋館で「第3回牧伸二杯」を 開催
見事、やまけいじが3連覇を達成しました!

2019年4月29日、「お客様が選ぶ芸人グランプリ」の第3回公演が東洋館で催されました。各人の持ち時間10分という制約の中で協会所属の芸人たちは大熱演。東洋館は補助席まで出る満員御礼状態となりました。結果、やまけいじが見事優勝し3連覇を達成しました!

第2位 週刊少年ハート

第3位 トリトン海野

第4位 あさひのぼる

第5位 スージィー

 

●浅草Live2018年度の優勝者はメルヘン須永!

12月22日に開催された「浅草ライブ2018」において、ゲスト出演者の メルヘン須長さん(物まね)が優勝し、26日(火)の東洋館公演にゲスト出演すると共に表彰式を行いました。

 

第2位 かぎしっぽ

第3位 土佐兄弟

第4位 ふとっちょ☆カウボーイ

第5位 スーパーニュウニュウ

第6位 魔族、三遊亭絵馬

第7位 キラーコンテンツ

第8位 メルヘン総長、小林アナ、エルカブキ、カトゥー

 

タップダンスの第一人者、ブラック福田さんが、2月25日に92歳でお亡くなりになりました。
東京演芸協会での活動歴も長く、以前は役員もされておられて、多大な貢献を日本の演芸会に残されました。
4月21日の浅草東洋館の協会定席公演は、「ブラック福田を偲ぶ」と題しまして追悼公演を行いました。

【ブラック福田】(タップダンス)


ハーモニカを幼少より、吉岡武雄先生に師事。
双葉ハーモニカ合奏団、福田ハーモンステッパーズを編成、指導指揮。
戦後は米軍キャンプへ慰問ステージを皮切りに、タップジョッキーとして浅草国際劇場、国立演芸場、浅草松竹演芸場、東宝名人会、有名クラブやキャバレーに多数出演。
テレビはテレビ朝日木島則夫モーニングショー、バッチリ当てよう、13時ショー、お笑い十八番、大正テレビ寄席、日本テレビ土曜ワイド寄席、11PM、小川宏ショーに出演。
昭和54年 1975年カンヌ映画祭、世界コマーシャルコンクールにて銅賞入賞。ナショナルフットライト編電球をつけた靴でタップを踊る。
指導者としては、昭和25~26年京都音楽舞踊学院タップ科主任教授、昭和29年自由ケ丘舞踊研究所。浅草猿若町に福田高昭タップ研究所設立。
昭和34年 全日本職業舞踊家協会を諸先輩方と創立。
門下生と教え子は、中尾ミエ、郡司行雄、大野しげひさ、帯淳子、おぼん・こぼん、玉川スミ、服部まこ、佐々木隆子、十勝花子、火口親幸、キーハンターでおなじみの大川栄子(女優)等がいる。 子供タップ日本一になった下道唯さんとも東洋館に長らく出ておられました。

 

●2018年10月21日(日)、東洋館で第2回牧伸二杯を開催、
見事、やまけいじが二連覇を達成しました!

お客様が選ぶ芸人グランプリの第2回公演が2018年10月21日東洋館で催されました。各自持ち時間8分という制約の中で、協会の芸人たちは大熱演。東洋館は補助席まで出る満員御礼状態。結果、やまけいじが見事優勝し2連覇達成しました!

 

第2位 トリトン海野

第3位 あさひのぼる、ナッキィ

 

 

●2018年4月29日(日)、東洋館で第1回牧伸二杯を開催、
やまけいじが優勝しました。

2018年10月21日、「お客様が選ぶ芸人グランプリ」が東洋館で催されました。各人の持ち時間8分という制約の中で、協会の芸人たちは大熱演。結果、やまけいじが優勝しました。

第2位 ベートーベン鈴木

第3位 トリトン海野

 

●浅草Live2017年度のチャンピオンはトリトン海野!

浅草東洋館公演中の土曜日に開催している「浅草Live」の年間最優秀者を決める本選公演が12月23日に行われ、当協会のトリトン海野(らっぱ漫談)が最優秀賞を獲得、浅草東洋館2月下席公演中に賞金授与と表彰式を行いました。

第2位 かぎしっぽ

第3位 大塚ポジティブじぇい、ユーマ

第4位 全力じじぃ

第5位 黒板七郎

第6位 カントリーズ、猫柳ロミオ

第7位 ヴィレッジ

第8位 石黒ヨンペイ

第9位 大村小町

 

●「浅草ライブ」が夕刊の記事に!

3月2日の朝日新聞夕刊に東京演芸協会の「浅草ライブ」が記事になりました。 「浅草Live」は、東洋館の偶数月の第4土曜日に、協会定席公演の一つとして催しています。 若さ溢れる40組の熱演をどうぞを覧下さい。


 

●2016年度浅草LIVE優勝者は亜空亜SHIN!

平成28年12月24日(土)東京演芸協会 若人倶楽部主催
浅草LIVE本選!で亜空亜SHINが優勝しました。



第2位 立川佐平治

第3位 魔族

第4位 ペンギンズ

第5位 めいどのみやげ

第6位 錦鯉、ナッキィ

第7位 魚タワー、チャンス大城、石神井亭水鳥

 

● 浅草ライブ これまでの優勝者

第1回 スギタヒロシ
第2回 ナッキィ
第3回 ナッキィ
第4回 西村


「スペシャル企画」

ビートたけし師匠と鶴瓶師匠の一日限定“ツルビート”

「21日、東京演芸協会の定席公演の香盤にあった「スペシャル企画」は、ビートたけし師匠と鶴瓶師匠の一日限定“ツルビート”でした。
ビートたけし師匠(69)と笑福亭鶴瓶師匠(64)が21日、東京・浅草フランス座演芸場東洋館の昼の東京演芸協会の定席公演にサプライズ登場。
「ツービート」ならぬ1日限定ユニット「ツルビート」として約20分、漫才をされました。たけし師匠が同劇場の舞台に立ったのは、エレベータボーイをしていた若手の時以来、約40年ぶりとなるそうです。
この模様は、27日に放送するテレビ東京系バラエティー「チマタの噺SP~たけし噺2016~」(火曜・後11時20分)で放送されます。
2人が登場すると知らされていなかった観客は騒然となりました。たけし師匠は、ストリップ劇場だったころのエピソードを下ネタを交え笑わせたほか、下積み時代の浅草の様子を披露。懐かしい舞台でのひとときを終え「しゃべり足りなかった」とのことでした。